トラブル

童貞が早漏を克服するには?原因と対策を徹底解説

童貞と早漏の関係

あなたはどれくらいの時間オナニーできますか?

僕が童貞だった頃のオナニーは、1分くらいで射精してました。

「女性の膣内は気持ち良すぎて、すぐに射精してしまうんじゃないか?」

僕は初セックスを想像して、期待と不安で複雑な気持ちだったことを覚えています。

僕が童貞を卒業した時の挿入時間はというと、挿入後1分で終了。

挿入時間はそれ以降も長くなることはなく、平均30秒くらいで射精。最悪だと15秒で果ててしまうこともありました。

  • 酔っぱらった状態でセックスをする
  • メントールを沢山嗅ぐセックスをする
  • 体位を頻繁に変えてセックスをする
  • 本番前にオナニーをしてからセックスをする

挿入時間を伸ばすためにいろいろと試行錯誤しました。しかし、どれも効果はありませんでした。

なんとか元カノを満足させようと、クンニや手マンやディープキスなどの前戯の時間を長くしてみました。

でも元カノの反応はイマイチのまま、結局自分だけ興奮してすぐに射精してしまうんです。

元カノはエッチが好きで床上手。僕の早漏について何度か苦言を言われ、周囲の友達に早漏をばらされたあげく、結局別れるハメに…。

その時にフラれたことがトラウマになって、僕はセックスに自信が持てなくなりました。

ところがっ!そんな体験をしてきた早漏の僕が、トラウマを克服して早漏を克服することができたんです!

僕のような人を増やさないために、童貞の人がやるべき早漏対策を解説していきます。興味のある人はぜひ最後まで読んでいってくださいね。

早漏の基準はどれくらい?

そもそも早漏の基準はどれくらいなんでしょうか?

どこを調べても明確な早漏の基準はでてきません。

Wikipediaなどで調べていみると、「女性がイク前に射精してしまうと早漏」と説明されていることが多いです。

しかし、個人差があるので、この表現では明確な時間は分かりませんよね。

そこで、女性たちの理想の挿入時間を見てみることにしましょう。

女性が感じる理想の挿入時間は?

世の女性たちの、理想の挿入時間は15分。

この15分という時間は、さまざまな大学やコンドームメーカーの調査結果です。

女性は膣内だけでなく、脳でも快楽を感じます。たっぷりと15分以上挿入することができれば、女性の心と体をイカせることができるのです。

ですから、早漏の基準は「15分以上挿入できなければ早漏」ということになります。

早漏のデメリットはこんなにある

僕が感じた早漏のデメリットは、

  • 彼女に不満が溜まり気持ちが冷めてしまう
  • 誰かに知られたら笑いものにされてしまう
  • 早漏がトラウマで女性に対して自信のない性格になった

女性にとって性の満足度というのは、恋愛の中で非常に大きなウェイトを占めています。
ここを軽く考えると、昔の僕のように簡単に捨てられるので気をつけてくださいね!

笑いものにされたり、女性に対して自信がなくなってしまうことがやっかいです。ほんとうに早漏はデメリットしかありません。

悔しい思いをしないためにも、最低でも早漏の基準となる15分は超えておきたいですね。

童貞の人は早漏かどうかはまだ分からない

もしあなたがまだ女性経験0なら、初エッチの前に自分が早漏なのか知っておきたいですよね?

しかし、実際にセックスをするまでは自分が早漏かどうかは分かりません

自分でするオナニーでいくら長持ちしたとしても、いざ挿入して女性の膣内でも射精せずに持続できるとは限らないのです。

童貞の早漏対策

童貞だけど、「どうしても早漏が気になる!」「前もって早漏対策をしておきたい!」
というあなたには、ペニスを刺激に強くするために、オナホールを使ってペニスを鍛えておくことをおすすめします。

オナホールを使った早漏対策

使ったことがある人には分かると思いますが、オナホールは自分に合ったものだと、ゾクゾク頭の先まで鳥肌が立つくらい気持ちいいものがあります。

実際の女性の膣内以上の絶頂感を味わえる、オナホールも存在します。

オナホールでペニスを刺激に強くすることは、早漏対策には効果的です。

しかし、使い続けるにつれて刺激に慣れてしまい、初めて使った時のような気持ちよさは、感じなくなっていきます。

刺激には慣れるのは簡単なのですが、実はもう一つの早漏の原因「興奮」を抑えるのが難しいのです。

興奮対策が早漏改善の鍵!

ペニスを鍛えて刺激に強くしても、女性の裸やアソコ、さらにあえぎ声。

ましてや相手が自分のタイプの女性だったなら、興奮はもうMAXでペニスの刺激など関係なく、すぐに射精したくなってしまいます。

実は戦うべき相手は自分自身なのです。

興奮する自分の気持ちをコントロールすることは、とても難しいです。しかし、そこを乗り越えなければ早漏を克服することはできません。

冷静に自分の気持ちを抑えて、自分の興奮をコントロールできないといつまでたっても早漏のままです。

童貞が興奮をコントロールして早漏を克服する方法とは?

いくらペニスを鍛えて刺激に強くしても、興奮をコントロールすることができないと、早漏を克服できない。

自分の気持ちをコントロールするきっかけがつかめなかった僕は、早漏を克服することを諦めかけていました。

「興奮をコントロール…射精をコントロール…」

そして僕は偶然、インターネットでこの動画を見つけました。

スパーキー佐藤の早漏革命

このスパーキー佐藤の早漏革命では、早漏の2つの原因

①精神的なもの
②敏感すぎること

についての詳しい解説。

そして、

  • 興奮対策
  • 刺激対策
  • 射精対策

の3つの対策で射精をコントロールする方法が詳しく動画で説明されています。

⇒現役AV男優が教える超早漏対策【早漏革命】

早漏に悩んでいた私にとって、目から鱗の情報が盛りだくさん!

あらゆる角度から早漏の根本的な解決にアプローチできるので、私自身の弱点が分かり早漏を改善することができました。

私の早漏の原因は精神的なものが大きく、「興奮対策」として、射精段階の把握ができたことで早漏を改善できました。

早漏に悩んでいる方は是非見てもらいたい内容です!

童貞でも初エッチに備えてできることはやっておこう

僕はスパーキー佐藤の早漏対策を開始して、5分が限界だった挿入時間が半年で10分に伸びました。

童貞卒業後もずっと早漏。早漏が原因でフラれ、トラウマを抱えたままだった僕が、継続することで挿入時間が伸びたんです!

まだ童貞のあなたには、私のような体験はしてほしくありません。すぐにでも早漏対策に取り組むべきです!

「もうすでにトラウマを抱えてしまっている」というあなた。

諦めないでトラウマを乗り越えましょう。トラウマを克服するために、早漏を克服しましょう。

自信をもって生きた方が人生楽しいに決まってますよね。このサイトがきっかけで、悩んでいるあなたの後押しをできたら幸いです。

さあ、あなたも一緒に早漏対策に取り組みましょう。