早漏対策

早漏の基準は何分から?基準を知って早漏対策に取り組もう!

早漏の基準時間

「俺って早漏なのかな?」

これは世の中の男の大半が陥る悩みです。

でも、「早漏って何分以内のことを言うのでしょうか?」

1分以内? それとも3分以内?

もしかして、10分は持たないとダメ?

あなたもこの早漏の基準て気になりませんか?

実は僕は極度の早漏だったのですが、早漏を治すための目標時間を知りたくてかなり詳しく早漏の基準について調べたことがあるんです。

それでは、さっそく早漏の基準について詳しく見ていくことにしましょう!

早漏の基準は何分以内?

さて、「早漏の基準について」ですが、

あなたは何分以内が早漏だと思いますか?

実は、色々な情報を調べると早漏についての明確な基準は決まっていないんですね。最近では女性がイク前に射精してしまうと早漏だと説明されています。

早漏:

性交の際にパートナーが性的に満足しないうちに男性が射精してしまうことである。

引用:Wikipedia

ただし、これは少し乱暴な説明だと感じませんか?

世の中にはSEXになれておらず、どれだけ時間をかけてもイケない(イッたことのない)女性も多くいます。

そのため、この説明では早漏の基準となる時間があいまいになってしまいますよね。

そこで早漏の基準を知るために、挿入の平均時間を参考にしたいと思います。

日本人男性の平均挿入時間は?

日本人男性の平均挿入時間は7~9分です。

ですので、この7~9分という時間を下回るようであれば早漏といえるでしょう。

とはいえ、酒を飲みまくる・出来るだけ動かないなど、さまざまな手段を使えば7分ならなんとかなるかもしれませんよね?

しかし、女性側の目線にたつと、この7分以下という早漏の基準も怪しくなってきます・・

女性が感じる理想の挿入時間は?

世の中の女性の多くが理想としている挿入時間は15分以上です。

この15分以上という数字は、さまざまな大学やコンドームメーカーの研究で明らかになったものです。

女性は体への直接的な刺激だけでなく、精神的な面からも快楽を感じます。そのため性的な満足感を得るためには、15分~20分程度の時間が必要になるのですね。

まとめると、早漏の基準は挿入から7分以内に射精してしまうこと。ただし、女性をイカせたいなら15分以上はもつようになっておく必要があるのです。

「15分も…」

挿入して1分ももたない当時の僕には、15分もの長い時間挿入していられるなんてとても無理だと感じていました。

ただし、早漏にはデメリットが満載だという自覚だけはありました・・

かなりヤバイ!早漏のデメリット

僕が感じていた早漏のデメリットは、

  • 彼女を満足させてあげることができない
  • 超早漏がコンプレックスでチャンスがあっても弱気に
  • 誰かに知られたら笑いものにされてしまう
  • 情けなさから女性に対して自信のない性格に etc..

口に出さない人が多いですが、女性は早漏に対してかなり不満をもっています。女性にとって性生活の満足度というのは、恋愛の中で非常に大きなウェイトを占めています。

その他にも、SEX以外の場面でも次第に女性に対して弱気になってしまうことが増える点がやっかいです。ほんとうに早漏はデメリットしかありません。

だから、最低でも早漏の基準となる7分以上は必ず超えておきたいところ。

なんとしてでも早漏を改善したかった僕は、書籍やネットの情報を読み漁り、遂に早漏を改善することができました。

早漏の基準を超えるために必要なのは?

いろいろな早漏の改善策や早漏トレーニングがありますが、手っ取り早く効果が発揮できたのは早漏対策グッズでした。

早漏対策グッズもいろいろ種類はあるのですが、その中でも、

  • メガマックススプレー
  • メガマックスコンドーム

この2つのアイテムは、僕がすぐに効果を感じたアイテムです。

メガマックススプレー

メガマックススプレーは、スプレーに含まれている麻酔効果でペニスの感覚が鈍くなり、摩擦に耐えて早漏を防止してくれる優れたアイテム。

行為の前に直接ペニスにシュシュッとスプレーしてから、シャワーで洗い流して使用します。

注意店としては、スプレーの成分が相手の膣に入ると、相手が感じにくくなること。挿入の前にしっかりと、スプレーの成分を洗い流してくださいね。

このメガマックススプレーは、使い方を誤らなければ早漏の強い見方になってくれる優秀なアイテムです!

メガマックスコンドーム

メガマックスコンドームは、ペニスにかぶせる側(コンドームの裏側)に表面麻酔に使われる成分が塗布されたコンドーム。

この麻酔成分によって、ペニスへの快感の伝達を遮断してくれます。

早漏対策には厚手のコンドームを使用したり、コンドームを重ねて使うことが一般的ですよね。しかし、早漏対策としては、こちらのメガマックスコンドームのほうがおすすめ!

メガマックスコンドームを使ってみると、驚くほど射精感が遅れてくるのが実感できますよ。

早漏対策グッズの限界(デメリット)

このスプレーとコンドームは、どちらも早漏対策に効くのでおすすめです。

しかし、

  • 精神的なものが原因の早漏には効果がない(興奮は抑えられない)
  • いつもグッズを携帯しておく必要がある
  • 相手の理解を得られない(麻酔がこわい)
  • グッズを使うタイミングがない
  • 費用がかかる(スプレー2,300円、コンドーム3個500円~)

など、早漏対策グッズの使用に関してはいくつかのデメリットがありました。

また、早漏対策グッズは即効性がありますが、射精まで1分しかもたない人がいきなり20分間腰をふり続けるほどの効果は期待できません。

そのため早漏については、グッズでごまかしながらも、なるべく早い段階で根本的な解決をしておく必要があります。

早漏を根本的に改善するにはこれがおすすめ!

僕は早漏対策グッズによって、早漏の基準以上の時間は持つようになりました。

「でも、グッズがないと早漏のまま・・」

早漏対策グッズを持っていないときに女性に誘われることもあったのですが、泣く泣くお断りすることも・・

そのため早漏の根本的な改善策について調べていると、偶然ネットでこのDVDを見つけました。

スパーキー佐藤の早漏革命

⇒現役AV男優が教える超早漏対策【早漏革命】

このスパーキー佐藤の早漏革命では、早漏の2つの原因

  1. 精神的なもの
  2. 敏感すぎること

についての詳しい解説。

そして、

  • 興奮対策
  • 刺激対策
  • 射精対策

の3つの対策で射精をコントロールする方法が詳しく動画で説明されていました。

早漏に悩んでいた私にとって、目から鱗の情報が盛りだくさん!

あらゆる角度から早漏の根本的な解決にアプローチできるので、私自身の弱点が分かり早漏を改善することができました。

私の早漏の原因は精神的なものも大きく、「興奮対策」として、射精段階の把握ができたことで早漏を改善・克服できました。

早漏に悩んでいる方は是非見てもらいたい内容です!

早漏の基準を超えて充実したナイトライフを!

早漏を克服して感じたことは、

「もっと若い頃に早漏を克服しておけばよかった」

ということです。

今よりも女性にモテて、女性と出会う機会も多かった10年前に、この射精のコントロール方法をマスターしていたら僕の人生は全く違うものになっていたと思います。

早漏で悩んでいるあなたにはすぐにでも早漏を克服して、後悔することのなく楽しんで欲しいと思います。

ほんの少しのきっかけで、早漏の基準となる時間なんて軽く超えることができます。

少しでも興味を持ったら、是非チャレンジしてみてくださいね。